君の名は。



おすすめ度★★★★★
〜あらすじ〜

東京の四ツ谷に暮らす男子高校生・立花瀧は、ある朝、目を覚ますと岐阜県飛騨地方の山奥にある糸守町に住む女子高生・宮水三葉になっており、逆に三葉は瀧になっていた。2人とも「奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。

翌朝、無事に元の身体に戻った2人は入れ替わったことをほとんど忘れていたが、その後も週に2、3回の頻度でたびたび「入れ替わり」が起きたことと周囲の反応から、それがただの夢ではなく実在の誰かと入れ替わっていることに気づく。性別も暮らす環境もまったく異なる瀧と三葉の入れ替わりには困難もあったが、お互い束の間の入れ替わりを楽しみつつ次第に打ち解けていく。

しかし、その入れ替わりは突然途絶え、なんの音沙汰も無くなってしまった三葉を心配した瀧は、記憶をもとに描き起こした糸守の風景スケッチだけを頼りに飛騨へ向かう。
そこで待ち受けていた真実とは?!?!?!




aaaaaaa



立花 瀧

taki


言おうと思ったんだ。お前が世界のどこにいても、必ずもう一度会いに行くって
こんなセリフ言いたい言われたい人生だった。


お前は‥誰だ‥俺は‥どうしてここに来た、アイツに‥アイツに会うために来た、助けるために来た、生きていて欲しかった、誰だ‥誰‥誰に会いに来た、大事な人。忘れたくない人。忘れちゃダメな人。誰だ、誰だ、誰だ?名前は‥!
この瀧の葛藤のセリフに、RADのスパークルが流れ始めて泣いた。




宮水 三葉
CrMLJqKUEAAWjkC


朝、目が覚めると、なぜか泣いている。そういうことが、ときどきある
冒頭のセリフ。いきなりジーンときて泣ける。


来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!


私たちは、会えばぜったい、すぐに分かる


今頃二人は一緒か... あれ... 私... ?
みつははいつの間にか滝を好きになってたんだね。なんか泣けたわ。


ねえ、あなたは誰?誰?誰?あの人は誰?大事な人、忘れちゃダメな人、忘れたかくなかった人、誰?誰?君は誰?君の名前は‥
瀧の名前を忘れていくみつは、物語のクライマックスシーンでもありここは泣けた。
そして有名なあの胸キュンシーンに続きます。



勅使河原 克彦
teshii


まじで‥割れてとる!!!

本当に彗星が割れていたシーン。鳥肌。
まあ勅使河原はいい奴だったね。



宮水 一葉
obaatyan


よりあつまって形を作り、捻れて絡まって、時には戻って、途切れ、またつながり。それが組紐。それが時間。それが、ムスビ
深いセリフ。


せやけど文字は消えても伝統は消しちゃいかん
またまた深いい。


おや、三葉。あんた今、夢を見とるな?
ここも鳥肌。
ばあちゃんにはいいセリフが多く、重要等人物だったね。






君の名は。は、脚本、映像、音楽全てが素晴らしいアニメ映画です。
2016年に大ヒット上映され大ブームになりましたね!
私も映画館に見に行ってDVDも買いました。 RADWIMPS の音楽も物語と合っている上にまた泣ける・・。
夏になると見たくなるのでまとめて見ました(笑)



abc
aaaacccc
Pgf2fzQ
003
DSnXzjgVoAAoeoF