櫻子さんの足下には死体が埋まっている


櫻子さんの足下には死体が埋まっている_-_ep01_015


おすすめ度★★★☆☆
~あらすじ~
北海道・旭川市に住む高校生・館脇正太郎は、良家のお嬢様にして『骨』を愛してやまない標本士の女性・九条櫻子とある切っ掛けで交流を持つようになる。その先々で様々な人の死に絡む事件に遭遇することとなり、検視官としての技能を持つ櫻子の推理に付き合うこととなるが、やがて不可解な殺人事件の背後に潜む教唆犯・花房の影が見え隠れしてゆく。






九条 櫻子
image

やあ、少年。よく来たな

傷ついたその瞬間から骨は再生を始める。主を支え守るために。実に美しい作業だと思わないか?
櫻子さんは本当に骨が好きなんだな、と思った台詞。

涙は血液から血症成分を抜いた液体だ。つまり泣くと水分だけが失われ一時的に血液が濃くなる。身体に悪い
櫻子さんは物知りだよね‥‥!泣いてる百合子を慰めようとしたんだろうね!不器用な櫻子さんかわいい。

君の祖母は何かを得るために、自分を鼓舞するためにここに来た。決して死ぬためにではない。絶望したのでもない。生きようとしてここを選んだ

深淵を覗けば、深淵もまたこちらを覗いている

人の秘密を暴こうとすればその逆も叱り。こちらも相応のリスクを負うということさ

この世の全てが灰色で時間が止まっているかのように思える時がある。私にもそういうときがあったよ。けれどね、決して時は止まらない。永遠に動き続けるんだ。土に埋めた死体がやがて白い骨になるように。いいかい、時を止めてしまうのは常に自分自身なんだ。未来に竦んで足を止めれば何も得られない。何も始まらない。ただ死んだように生きるだけだ
思春期によくある症状。

そうだよ、少年。君が望もうが望まないが時は止まらない。だからこそ見方を変えれば世の中ほど面白い物はない。悲観するな。君はまだ灰になってない。血と肉があり、骨がしっかり君を支えている。
見方次第で人生は変わる。

約束するよ。君は私が守る。花房の手などに触れさせるものか
この櫻子さんかっこよかった!

館脇 正太郎

imageq
ここには過去に生きた者たちを愛しむ人がいる。そう、ここには、ここ、九条家の桜の木の下には、骨愛ずる姫君がいる
1話のモノローグ…!このアニメはきれいな台詞が多い!

くだらないから、価値があるっていうこともあるじゃないですか

時は止まらない。櫻子さん、以前僕に言いましたよね。だから、どんなに大切な人とも必ず別れは来ます。確かにこの一年で僕は櫻子さんとたくさんの人の死を見てきました。最後まで懸命に生きようとした鴻上さんのお祖母さん。命がけで子供たちを守ったいーちゃんのお母さん。僕のために嘘をついてくれたお祖母ちゃん。どんなに好きでも、大切でも、いつか命に終わりは来る。でも、だとしたら、僕たちに残されるものって何ですか?それはくだらない感傷ですか?命が消えた後残るのは骨だけですか?

この先何があるかわかりません。正直少し怖いです。それでも、僕は…櫻子さん、貴方と一緒にいたい。同じ時を過ごし、同じ景色を見てみたい。たとえそれが辛いものでも、見る覚悟はあります。

もし花房に立ち向かえる人がいるとしたら…それは櫻子さん。僕はあなたしかいないと思うんです。だから今まで通り傍にいさせてください。あなたが直接、僕を守ってください。花房の手から。なんて、ちょっとずるいですかね?
プロポーズみだいだけど感動した!!!!!!!!!!

鴻上 百合子

s
どうして、どうしてもっと気遣ってあげられなかったんだろう

そっか。そうだったんだ。おばあちゃんは朝日を‥。これからもおじいちゃんと生きていくために。

恋人がいればきっと楽しいと思う。好きな人と手を繋いで歩くのはきっと幸せだと思う。だけど今は側にいる大切な人を守れるような人間になりたいと思う
恋するよりも成長!若いのにちゃんとした考え方!

先生は大切な人に急にいなくなられたことがありますか?残された人の気持ちがわかりますか?すぐ近くに死んでしまうかもしれない人がいるのに、責任とか権利とか、理屈じゃない!ただ嫌だ!死んでほしくないっていうのは当然なんじゃないんですか?


沢 梅
sawaume0
死に際してあの世へ持っていけるのはお金や物ではありません。誰かを大切に思い、思われた記憶。それ以上に価値あるものがあるでしょうか。
本当にその通り。

わたしくしは最後までお嬢様のばあやでいたいのですよ

磯崎 齋

20151117165410
自分の命を自由に出来る権利を持つからこそ人間なんだと、僕は思う

自らの生と死を選択し、その責任を持つ。少なくとも彼女にはその権利があると思う。じゃあ僕たちは?はたして僕たちに、彼女の選択を否定する権利はあるんだろうか?
とても考えさせられる台詞。死にたいと思う人間を止めることは正しいことなのか‥。考えさせられる。

今君は自分以外の人の人生をしょい込もうとしている。正しいことかもしれない。でもそれは本来とても覚悟のいることなんだ。その抜けないトゲは、鴻上、君をずっと傷つけるだろう。その茨はツルを伸ばすだけで決して花は咲かない。痛いだけだ。辛いだけだ。それでも、君は彼女を探すの?

すまない。君たちの痛みに気づかなかった。いや、そうじゃない。自分が傷つくのが怖くて僕は目を逸らしていたんだ。一重も二葉も三奈美も大切な生徒なのに。ほんとにすまない。



櫻子さんの足元には死体が埋まっている、は、原作が小説なだけあって、話もしっかりしているし、綺麗な台詞が多いアニメでした。
基本1話か2話単位で完結する話が多いので見やすいアニメです。
所謂推理物アニメで、いい話で終わる話が多くて心温まります^v^



アニメ・映画見るならdtv
アニメ見るならU-NEXT
セブンネットショッピング

↓よかったらクリックお願いします!↓
 ブログ王ランキングに参加中!